イザニコ・ロッカー劇場

そんなこんなではじまりました〜♪
連作です。




絵・文wowo

ニコル(女)が着替えてる時に急にイザークがはいってきた。
ニコル(ば、ばれちゃった!!)
手でスッスッス
イザーク(...男か...)

でもばれなかった。




なんだ男か・・・・・。
胸の大きさで男と判断されたことが腹立たしいし、いきなり触ってきたことも許せない。
けれど追いかけて文句をいうわけにもいかず、悔しさにシャツを噛むニコルだった。



絵・文huji

しかし、なんだこの胸の高鳴りは…!?
なイザーク



絵・文huji

もうお嫁にいけない…。
なニコル



絵・文wowo

ガバッ
「アスラン!イザークが、イザークが僕を!」
ぷにっ
その時アスランは真実を知った!
だがモーホーだった!




イザーク(俺のこのニコルが気になるって気持ち、コイツに相談しても分かってもらえるかが心配だ。
やはりアスランあたりに相談したほうがいいのだろうか・・・。)




続き募集中です〜。PBBSによろしければ〜。